車に二度と乗らない場合の廃車手続きで必要なもの

災害や事故にまきこまれて車が走れない状態になった場合や、車の解体を済ませた場合などは、必ず廃車手続きが必要です。

車を二度と乗らない場合に行う廃車手続きは、運輸支局で行う登録自動車の廃車手続きについては永久抹消登録手続き、軽自動車検査協会で行う軽自動車の廃車手続きについては解体返納手続きと呼びます。


申請場所によって手続きの名称は異なっていますが、必要となるものは登録自動車の場合も軽自動車の場合もほぼ一緒です。


必要となるもののうち、申請場所に行く前までに揃えておく必要があるものは、自動車検査証、取り外し済みのナンバープレート、発行日から3ヶ月以内の印鑑登録証明書、印鑑、移動報告番号と解体報告記録が行われた日が記載されているメモです。
対象車が登録自動車の場合は印鑑として実印が必要です。

廃車が今、話題になっています。

対象車が軽自動車の場合は印鑑は認印でよく、印鑑登録証明書は不要です。

この他に、所有者本人ではない者が手続きをする場合は委任状の準備も必要です。

手続きを行う日がきたら、上記に挙げたものを忘れないようにして申請場所へ向かいます。

Facebookの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

そして、運輸支局で手続きを行う場合は永久抹消登録申請書、手数料納付書、自動車税の申告書を、軽自動車検査協会で手続きを行う場合は解体届出書と軽自動車税の申告書を手に入れて、必要事項を記入します。

その後、所定の手順で手続きを行っていけば、永久抹消登録および解体返納の手続きが完了となります。

永久抹消登録および解体返納の手続きが完了した車両は、その時点から日本国内の道路を永久に走ることができなくなります。






Copyright (C) 2014 車に二度と乗らない場合の廃車手続きで必要なもの All Rights Reserved.